廃車はどんな車でも出来ます

軽自動車や普通自動車の廃車の方法はわかるけど、そういえば外車って歯医者にできるのかな?と疑問に思った事ありませんか?

少し条件はありますが下記に条件を記しておきます。

  • 日本で登録した車であること
  • 日本のナンバープレートを付けていること
  • 日本の道路を走っていた車であること

この条件に当てはまっていれば外車でも廃車手続きは同じように手続きできます。

解体業者に対象車を持って行きスクラップしてもらい、その後に陸運局に行って手続きするだけですね。対象の車が軽自動車の場合は軽自動車協会に持って行きます。

覚えておいて欲しいのが、手続きをしなければ廃車扱いにならないということ。

税金を無駄に払い続ける事になるので、必ず手続きは行っておきましょう。廃車手続きは2種類あり【永久抹消登録】【一時抹消登録】があるのも覚えておいて損はないと思います。

普通廃車というと【永久抹消登録】の方です。

もうその車に永久に乗らないですという場合ですね。ちなみに【一時抹消登録】は一時的に使わない時に利用します。

そのままでもいい方は別にいいですが、無駄に税金を払いたくない場合は手続きをしていた方がいいでしょう。

この手続きの必要書類は、どちらの手続きをするかによっても違いますので、間違わないように注意して、必要な書類も確認しましょう。

ちなみにどちらの手続きでも必要になるのは車検証ですね。自動車検査証ともいいますので、必要書類として書かれていても間違わないようにしてください。

その他の違いは簡単には下記の通り。

抹消登録申請書(OCRシート)

  • 一時抹消登録=第3号様式の2
  • 永久抹消登録=第3号様式の3

手数料納付書

  • 一時抹消登録=自動車検査登録印紙350円を貼付
  • 永久抹消登録=無料