リサイクル料金ってなんだか知っていますか?

自動車を解体する際に生じる廃棄物というのは元々車の所有者が負担しないといけないものではなく、実は2005年1月1日に自動車リサイクル法が施行されました。

これにより廃棄物の負担が義務化されたわけです。

廃棄物として含まれるフロンガスは適切に回収しないと環境によくありません。

シュレダーダストというのも廃棄物として含まれますが、プラスチックやガラス・ウレタンなどをシュレダーダストといいます。

リサイクル料金を支払った方

リサイクル料金は既に払っている場合は廃棄の際に再び払う必要はありません。

どっちかわからないという方は、車検をとった車が2005年2月1日以降であれば、リサイクル料金は支払い済みのはずです。

ごくたまにですが、エアコンのフロンガスのリサイクル料金が、未払という場合もあります。

その際は、エアコンのフロンガスのリサイクル料金として約2500円の支払いを負担していただく可能性があります。

これもどういう状況かわからないという方はページの下記に詳細があるので確認してみて下さい。

重量税が返金される

車の廃車した後に陸運局で手続きをします。
すると、重量税が戻ってきます。(車検の残り期間に応じて金額が変わります)

例えば、1500cc~2000ccクラスの車で、車検の残り期間(10ヶ月)だと、15,750円の返金になります。

リサイクル料金自体の返金

車を解体するときに生じる廃棄物の処分に充てられるのがリサイクル料金です。

廃車になるだけの低年式の車も、もしかしたら中古車・輸出車となる場合があります。

そういった場合はリサイクル料金が全額返金になる場合がありますので、その点も気をつけて考えていくとよいでしょう。