リサイクル料金ってなんだか知っていますか?

廃車をするときに勘違いしがちな事が一つあります。
軽自動車で一時抹消登録する際には永久抹消登録と同じではないという事です。

一時抹消登録の時は陸運支局で手続きをしますが、一時抹消登録は軽自動車検査協会での手続きになります。

必要な書類は【ナンバープレート(一時抹消登録をする車のもの)】※前後計2枚、【自動車検査証(車検証)】、【車の所有者の押印(車検証記載の所有者)】以上3点になります。

もし所有者が行けない場合は代理人が行く事になると思います。

その場合は委任状を用意しないといけません。印鑑証明書と同一の押印をした委任状になります。また委任状は別名で申請依頼書とも言います。

頭が混乱しないよう覚えておいてください。それに加えて印鑑証明書には発行から3ヶ月以内という有効期限がありますので、十分注意しましょう。

他にも必要な書類がありますが、それは軽自動車協会で購入出来ますので、上記の3点を用意したら軽自動車協会へ向かいましょう。

必要な書類を持って軽自動車協会へ行くと、する事があります。
順序よく説明していきたいと思います。

まず、窓口で【軽4号様式】の購入をしましょう。
こちらへの記入から始めます。

重要な書類になりますので、自動車検査証と照らし合わせながら間違い・記入漏れなく記入していけるように慎重に記入していきましょう。

記入が終わったら最初に用意した3点セットの中の一つ、ナンバープレート前後あわせて二枚を窓口で渡しましょう。

ここまで終わったら【軽自動車税申告書】というのを渡されます。

これも重要な書類となりますので、自動車検査証と照らし合わせながら間違い・記入漏れなく記入しましょう。

記入が終わったらもう一度窓口へ必要書類を提出します。これが流れとなります

またこの手続きにはお金がかかり、最後に350円の手数料を支払う事になります。
書類に問題や不備がなければ一時抹消登録の手続きは完了となります。

最後に【自動車検査証返納証明書】が発行されますので、大切に保管しましょう。
とても重要な書類になります。

もし、【自動車取得税申告書】や【自動車税申告書】が必要な方は、自動車税事務所にて受け取る事ができます。必要であれば受け取りに行きましょう。