普通自動車の廃車はこういう流れです

長期間車を利用しない場合は一時抹消登録が出来ます。これをする事によって自動車税の支払いを止める事が出来るので、一時抹消登録はしておいた方がいいでしょう。

一時抹消登録をする場合、一般的に知られている「永久抹消登録」と同様、車のナンバープレートの提出しないといけません。

この場合、車体からナンバープレートをしておきましょう。といっても、自分で外すのは大変ですし、車屋か解体屋に依頼しましょうね。

大変という面もありますが、車体を傷つけたりする危険もあるので出来るだけ依頼しましょう。

陸運事務所での流れは下記の通りです。

  • ナンバープレートと必要書類を持っていく
  • 受付で一時抹消登録を申請。
  • 書類に必要事項を記入して提出。

これを全て終わらせると一時抹消登録証明書が交付となります。

一時抹消登録の手続きは以上で完了です。

完了した時にもらった一時抹消登録証明書は、再び車を利用する時に再登録として申請しないといけないのですが、その時に必要になります。必ず無くさないようにしておきましょう。

もちろん常識の範囲でわかるかとは思いますが、一時抹消登録後をして再登録をするまでこの車は使えません。

一時抹消登録した際にナンバープレートも外しており、この状態で利用するのは交通法違反です。

再び車を利用する時には必ず再登録をする為、陸運事務所で中古新規登録の手続きをしましょう。