リサイクル料金ってなんだか知っていますか?

廃車手続きをするうえで、普通自動車と軽自動車では少しだけ違いがあるので、注意しておきましょう。

軽自動車の永久抹消登録を行う場合

永久抹消登録の手順は基本的に普通自動車と同じになります。
解体後、普通自動車は陸運支局に届出をしないといけません。

軽自動車は陸運支局ではなく、軽自動車検査協会への届出となり、ここが違ってきます。

永久抹消登録には必要書類があるので、ひとつひとつ確認して軽自動車協会へ出向きましょう。

  • 車のナンバープレート前後計2枚
  • 自動車検査証(車検証)
  • 車の所有者(車検証に記載の所有者)の認印

※代理人が永久抹消登録の届出をする場合は、印鑑証明書と同一の押印をした委任状が必要になります。

その他の必要書類は、軽自動車協会で購入出来るので、その場で記入してもよいでしょう。
※その場で必要書類を記入する場合、窓口で「第4号様式の3」の購入をしましょう。

ここでは自動車検査証をよく見ながら間違いや記入漏れの無いようにしましょう。
とても大事な事なので、2,3度確認する事をオススメします。

車の引取業者から受けた解体記録日と移動報告番号の記入も洩れなく行っておきます。

必要書類の記入が終わったら車のナンバープレートを窓口へ返却です。

返却が終わったら軽自動車税申告書を渡されます。渡された軽自動車税申告書に自動車検査証をよく見て記入していきます。記入が終わったら窓口へと提出です。

以上の流れで不備がなければ、永久抹消登録手続きがようやく完了となります。

重量税還付を受ける場合

自動車重量税還付申請書付表が発行されます。
この場合税申告も必要になるので忘れずに行っておきましょう。