ローンが残ってたらどうすればいいの?

まず廃車のルールですが、基本的なルールとして自動車のローンが残っている状態だと廃車にすることはできません。

なんでローンが残っていると廃車が出来ないかというと、車検書の所有者がローンが残っている状態だと自分ではなくお金を借りている会社名義になってしまっているからです。

例外として、銀行借入の場合は所有権留保はないため、廃車する事は可能です。

すぐローンを返済できる方はこちら

ローンの返済がすぐに出来る方は、所有権の解除をしましょう。

これはローンを全額返済した後で、借り入れした会社に所有権解除を希望する旨を伝え、書類一式を送ってもらう事が出来ます。

その書類を受け取ったら必要事項を記入し、返送するだけ。そうすると、委任状と譲渡証明書を送ってきてもらえます。廃車手続きに委任状と譲渡証明書は使うので、大切に保管しておきましょう。

すぐに返済できない方はこちら

場合によりますが、どうしても廃車をしないといけない場合などは借り入れをした所に事情を説明してみましょう。

残りのローンは確実に返済しますという約束をして、借り入れ会社が了承してくれれば廃車にする事は可能です。もし了承が得られず廃車に出来ない時は、それでも自動車税の支払はしていかなくてはなりません。

もしそうなった場合は、自動車税の支払い停止の手続きはしておきましょう。

自分で行うのが面倒な方はこちら

本来は自分で責任をもって最初から最後までしていただきたいですが、実際この文を読むのでさえ面倒という方もいます。

もし自分で廃車の手続きを行うのが面倒だと言う方は廃車業者に任せるのもアリでしょう。

面倒ではない方も廃車業者は廃車にするような自動車を買い取ってもらえる可能性があります。
一度買い取ってもらえるか確認してから自分で手続きしていくか考えるのもいいかもしれません。

多数存在する廃車業者に一度で査定の依頼が出来るサイトというのも存在します。

少しでもお金を安く済ませたい方や、手間を惜しまない方はそちらを見てみてはいかがでしょうか?