一次抹消登録後に、永久末梢登録をするためには、どうすれば良いのか?

一時抹消登録として登録していたものが廃車する事になったりして解体する際、各地域の運輸事務所で解体届出を行いましょう。

直接永久抹消の手続きをする場合が多いですが、今回説明している一時抹消登録後の車の解体というのは改正道路運送車両法第15条第一項および同法第16条第3項である取り決めがあります。その取り決めは下記の通りです。

一時抹消登録後の使用済自動車の解体に係わる届出

自動車の所有者は解体報告記録がなされたことを知った日から15日以内に永久抹消登録の申請または解体に係わる届出を行わなければならない

この取り決めにそって必要書類の提出をして申請を行う事が決められています。

解体届の提出について

解体届は上記のものとは別に必要書類もあり、申請も別途必要です。

解体届出当日でも大丈夫ですので、陸運事務所内の用紙販売窓口などで取得可能なものはで取得しましょう。

必要事項の記入がわからない場合は事務所内にサンプルがあるので、それを見ながら洩れなく記入するのが一番いいでしょう。ですから、事務所内で書くのがいいでしょうね。

書類は陸運事務所内以外でも運輸支局近辺の代書屋などで一式作成してもらう事も出来ます。

最後に陸運事務所窓口へ解体届に必要な書類を記入まで済んだ状態で全て揃えて提出しましょう。きちんと記入もして内容に不備がなければ、解体手続きは完了です。

地域によって解体届出の時にかかる費用が違ってくる場合もあります。

それに加えて必要な書類内容も違う場合があります。届出前に、お住まいの陸運事務所に確認しておきしょう。