自賠責保険についてご存じですか?

車を利用する方はよく耳にする自賠責保険。
この自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」というのはご存知ですか?

結構正式名称にしてしまうと長いので、「自賠責保険」と短く縮めて使用される事が多いです。

保険にはいろいろありますが、自賠責保険は任意保険とは違うので車を利用する方は必ず加入しなければならない保険です。

これは法律で定められています。法律にのっとってきちんと加入していても、証明書を車に保管していなかったらそれだけでもダメです。

証明書がないのが見つかった時はなんと3万以下の罰金の支払いという厳しい罰則まであるのです。

もしも自賠責保険の有効期限切れが起こっていたり、自賠責保険に未加入で運転していた場合は厳しい罰則が待ち構えています。

「1年以下の懲役」もしくは「50万円以下の罰金」それに加えて「違反点数6点」となってしまい、「免許停止処分」となるので、自賠責保険だけは加入をして、証明書を置いておく事を意識しましょう。

少し理不尽に感じるかもしれませんが、この自賠責保険は所在地によって値段に少し差があります。

例をだすと、沖縄や離島の場合は少し値段が安くなっています。

自賠責保険還付金を受取ろう

廃車後に手続きが必要になりますが、自賠責保険の残り期間が1ヶ月以上だった場合は残りの金額が返金になります。

手順としてはまず陸運局で抹消手続き後、加入している保険会社の窓口で手続きをします。

注意して欲しいのが、もし廃車業者に依頼をして解体してもらった場合でも、自賠責保険解約の手続きは陸運局で抹消手続きをしないと出来ないという点。

廃車をする際はここまでを一連の流れとして頭に入れておきましょう。

さらに自賠責保険解約の手続きが遅れる事によって、返金される金額も少なくなります。少し手間ではありますが、お金が大きく変動してきますので、早めに済ませておきましょう。

【永久抹消の場合】普通自動車の自賠責保険返金の受取り方

普通自動車の自賠責保険返金の受取る時は契約した保険会社に下記の物を持っていきます。

  • 登録事項証明書のコピー
  • 自賠責保険所の原本
  • 所有者の認印

上記の3点に加えて所定の用紙があるので、振込み口座を記入し提出しましょう。
契約した保険会社の確認で問題がなければ、指定した口座に7~10日後に振り込まれます。

7~10日後よりも遅い場合、一度確認の為保険会社に連絡してみるのをオススメします。