廃車届けには、いくつかの種類があります

車を長年使用していると、事故を起こしてしまったりとか、故障をしだしたりして修理費が高くついたりとしてしまうと思います。

そうなると買い替えをしようと思うわけですが、廃車にするならば費用が結構かかってきます。

これは車を使用している人にとっては宿命のようなものですが、車を利用するうえでお金はかかるものと考えておかないといけないですよね。

さらに2005年から自動車リサイクル法が施行されたので廃車の費用は余計に高くなり、辛いものとなりました。

普通事故などではない限り、新しく購入する車と引換えにする事が多いので、下取りの形になる人が多いはずです。

しかし、次に乗ろうと思っている車が販売業者以外から購入という形だったり、知り合いから譲渡という形だったりする場合は、前の車は廃車の手続きが必要です。

車を安くで買えるからという考えだったりする場合、販売業者以外は廃車が必要と覚えておきましょう。

とりあえず中古車販売業者が引取をしてくれないか、確認した方がいいと思います。

さらに知り合いからの譲渡だったりすると面倒な手続きが増えるので、その点も考えておかなければなりません。

まず、次に使用するその車の前の所有者から「廃車証明書・届け」を取得します。

そして登録申請を行なわなければなりません。これは譲り受ける立場の話でしたが、もしもあなたが逆の立場の場合、陸運局か市役所などに「廃車証明書・廃車届け」を申請という形で交付してもらえます。

一時廃車登録を前の住所地で行った際「廃車証明書」を交付されますので、その「廃車証明書」を持って新しく「登録・名義変更」等をします。

※廃車ではない場合は「標識交付証明書」を持っていき「登録・名義変更」などを行いまいましょう。

また、オートバイの話になりますが、排気量が125cc以下のオートバイの場合、使用しなければ「廃車届」の手続きが必要になります。

「廃車届」の手続きをしないとずっと軽自動車税を払っていく事になります。